逆SEO対策(検索順位後退)は、GoogleやYahoo!などの検索結果画面の上位に、悪評・不都合なサイトが表示されないように施策をするサービスです。
逆SEO対策をすることで、検索結果画面が悪評や不都合な内容で埋め尽くされることがない状態を目指します。

弊社の逆SEO対策は対象サイトのみを押し下げることに成功しました!
これは弊社だけの特別な技術となります。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909
メールでのお問い合わせはこちらから

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

逆SEOとは

今や、企業のウェブ戦略のひとつとなっているSEO。SEO施策の考え方を応用し、悪質な有害サイトからの風評被害を排他し、未然に防ごうというのが逆SEOです。SEO施策の考え方をしっかりと抑え、対策することで検索エンジンのクリーン化は実現可能です。

当初の逆SEOは、「既存にあるネガティブなサイトへ外部リンク対策を行なうことで、リンク施策したサイトを押し上げ、対象サイトを押し下げる」というシンプルな手法のみでしたが、SEOのアルゴリズムの変動とともに逆SEOのパターンもいろいろと開発されるようになり、現在では企業ニーズに合わせていくつかの手法が使い分けられる時代になりつつあります。このページでは、逆SEOを導入した場合の具体的なメリットなどを解説していきます。

悪評サイトが上位化した時の影響

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、ウェブを閲覧するユーザーに向けて日々多くの有益な情報を提供しています。これらの情報は一定のアルゴリズムにもとづいて検索結果に表示しているので、ポジティブな情報やネガティブな情報も検索結果に表示されることになります。

ただ、事件の報道や企業の汚職など、公的機関で事実と判断されている情報以外にも、事実無根の情報も時には検索結果の上位に表示されるケースもあります。こういった場合、企業や個人のイメージ悪化につながってしまいます。イメージが悪化した場合、どのような変化が起きるのでしょうか。企業・サービス・個人に分けて見ていきます。

企業名で悪評が出ている場合

ウェブサイトの閲覧者にとって、そのサイトの内容が本当のことであるかどうかは関係ありません。根拠のないネガティブな情報がネット上に送り出されたというだけで、応募者や売上の減少など、企業にとっては大きなダメージにつながります。

検索エンジン側は、事実と異なる情報を上位化させないようにしたいという考えがあるものの、そこまでの技術は完成していないため、事実無根の情報も上位表示されるケースもあります。検索エンジンのアルゴリズムを充分に理解し、状況に応じた逆SEO対策を行うことで、事実無根の情報が掲載されているサイトを押し下げることが可能となります。検索エンジンの動向をこまめにチェックしている弊社の施策体制であれば、他社では難しいと判断される状況の検索結果であっても、逆SEO対策を行い、排他を目指すことが可能です。

サービス名で悪評が出ている場合

接客業に携わる企業にとって、サービス面で根拠のない悪評が立つのは売上に直接影響しますし、企業イメージも大きく損なわれることになります。悪質なサイトを根絶することは難しくても、ポジティブな内容の優良サイトをコンスタントに検索エンジンに認識させ、間接的に有害サイトをユーザーの目に触れないようにすることは可能です。

誹謗中傷の内容が事実無根であっても、検索上位に表示されて頻繁にユーザーの目に触れれば、やはり見る側はそれらの情報を信じてしまいますし、風評被害が拡散する要因となってしまいます。

個人名で悪評が出ている場合

風評被害にさらされるのは企業ばかりではありません。最近では特定の個人をターゲットにした誹謗中傷を書き込まれるケースが増えてきています。はじめのうちは企業を対象にしていたのがふとしたきっかけで「あの店員の接客が気に入らない」などと個人攻撃に移行する場合も多いようです。

たとえ根拠のない一方的な個人攻撃であったとしても、一度ウェブに公開されれば真実と見分けがつかず、容易には消去できないため一生にわたって本人を苦しめることになります。ネットにさらされ続けると、社会的な信用が下がってしまい、今後の日常生活などに多大な影響を及ぼしかねません。

さらに本人だけでなくその家族や恋人も間接的に被害に遭う可能性があります。健全な生活を送るためには、悪意ある個人攻撃によっていつまでも苦しめられないようにする対策が必要と言えるでしょう。

なぜ逆SEOが効果的なのか

法的に削除できるサイトは限られる

削除申請が恣意的な目的で利用されることのないよう、検索エンジンに削除を依頼できるサイトの基準は法律によって厳格に決められています。最も重視される判断基準は、「具体的な被害が出ているかどうか」「事実であるかどうか」という点です。有害サイトの風評被害によって、たとえば企業イメージの低下や売上の著しい減少など、目に見えるかたちでの悪影響が認められる場合には削除対象となる可能性があります。

あるいは、有害サイトそのものに脅迫性のある文章が書き込まれていたり犯罪につながる文言が見られたりする場合には、従来の刑法の範囲で処罰されることもあります。ただ、やはり全体的に見ると日本国内の有害サイト対策は後手にまわっている印象があり、刑事罰の強化や申請基準の明確化など、法的に整備すべき点はまだまだ多いと言わざるを得ません。個人で悪評を削除していくのは未だ厳しい環境にあります。

2ページ目の閲覧率

逆SEO対策が効果的な理由として、「2ページ目の閲覧率」が挙げられています。ユーザーの心理として、検索ページの上位に表示されるサイトからクリックしたくなるという性質があります。つまり、悪質サイトを検索ページの2ページ目以降に押しやることができれば「被害を最小限に抑えられる」ということです。2ページ目の閲覧率は1%以下といわれ、100人検索したら1人みるかみないかという状況まで閲覧率を下げることが出来ます。

逆SEOの主な手法

既存のサイトへのリンク対策

対象サイトより検索結果が下に位置しているネガティブではないサイトへ外部リンク施策を行い、上昇させることで対象サイトを押し上げる手法です。これは基本的にSEOの考え方と同じで、リンク先サイトのリンク評価を高め、順位上昇させるというものです。

ただ、昔はとても有効的な手段ではありましたが、最近のSEOは外部リンク施策だけでは上位化は難しい場合が多く、内部施策も行い、内部外部両軸で施策を行わなければ上位化は目指せません。管理していないサイトが多い場合があり、この手法だけでは排他難しくなっている現状もあります。

サテライトサイトを立ち上げた対策

管理していない既存サイトへの外部施策だけでは排他が難しくなってきた背景から、こちらの対策が逆SEOの主流となっています。簡単に説明しますと、企業名が検索ワードの場合、対象企業のサービスをまとめたサイトを作成し、毎月コンテンツ追加・外部リンク施策をおこなうことにより、サテライトサイトを押し上げ、対象サイトを押し下げることができます。既存にあるサイトとは違い、全てサイト管理することができるため、既存のアルゴリズムに沿った有用な対策を講じる事が出来ます。

ただ、サテライトサイトを立ち上げるだけでは不十分な面もありますので、既存サイトへのリンク施策+サテライトサイト作成を行なうケースが多いです。

SNS・ブログなどのアカウントの作成

逆SEO対策としてSNSを活用する場合も有効です。企業名が検索ワードの場合も有効ではありますが、個人名の場合、企業名以上の効果が見込めます。個人名で検索して頂くと分かりやすいかと思いますが、facebookやtwitterなどのアカウント紹介ページが上がっていたり、アメブロやlivedoorブログなどのブログ系が上位に上がってきているのが確認できてるかと思います。

ただ作るだけでは更新頻度の面やコンテンツボリュームが乏しくなってしまうため、月に数回はコンテンツを追加するなど運用を意識する必要があります。アカウントを作成するだけで、上位化の可能性の高いページを作成することが可能なため、逆SEOにおいて有効な手段の一つです。また、facebookやtwitterなど、しっかり運用すればブランディングの要素もあり、企業イメージや個人のイメージの安定化にも繋がります。

ニュースリリースを利用する対策

企業がマスメディア向けに広く公開するニュースリリースもまた、活用次第では有効な逆SEO対策となります。ニュースリリースは上位化されやすい傾向にあり、自社の優良情報を配信しつづけれることで対象サイトの検索順位を下げることにつながり、なおかつ自社の企業ブランドを押し上げることもできます。

特殊逆SEO対策について

特殊逆SEO対策
弊社の特殊逆SEO対策は対象サイトのみを押し下げることに成功しました!
これは弊社だけの特別な技術となります。

従来の逆SEO対策はある程度の効果を発揮するものの、なかなか結果が出にくいのも事実です。また、昨今のGoogleのアルゴリズムに影響されやすいため、一旦効果が出たとしてもアルゴリズムの変更ですぐに元の状態に戻ってしまうことも多くなってきています。ブログやサテライトサイトを作成しネガティブサイトを無理やり押し下げていましたが、やはり検索結果を見るときれいなものではありません。検索結果を見れば、「逆SEO対策を行っているのではないか」ということも一目瞭然で分かってしまいます。

しかし、弊社の特殊逆SEO対策は対象サイトのみを押し下げることに成功しました!これは弊社だけの特別な技術となります。

こちらの対策は、ネガティブサイトだけを押し下げることで検索結果も自然な状態のまま残りますので、逆SEO対策を行っているということ自体、全く気づかれることがありません。
早いものですと着手から1週間でネガティブサイトを押し下げることに成功した事例もございます。平均的には3~6ヶ月程で2ページ目以降に押し下げることが可能です。(※サイト状況により成果達成期間は変動致しますことを御了承くださいませ。)
この特殊逆SEO対策は弊社だけが施策することのできる特別な技術となり他社では100%不可能な技術です。またアルゴリズムの変化にも強く従来の逆SEO対策のように不安定なものではございません。

IMソリューションの特殊逆SEO対策はネガティブなサイトのみに狙いを定め、2ページ目以降または圏外までも押し下げる技術でご好評を頂いております。
お見積もりは無料となりますので、実際に効果が出るまでの予測期間や難易度など専門の相談員が全国対応で承っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。メールフォームからのお問合せは年中無休24時間体制で受け付けております。

特殊逆SEO対策の具体例

早くからSEO対策に力を入れ着実に売上を伸ばしてきたA社の例を紹介しましょう。取り扱い商品をキーワードに検索すればA社が上位にヒットする状態をキープしていたにもかかわらず、ある時ガクンと売上がダウンしたことがありました。よく調べてみるとA社に関する誹謗中傷、デマなどの書き込みも急に検索上位にあがってきていることがわかりました。

ライバル企業がしたことなのか、一般消費者によるものなのか、犯人を特定することはできませんでした。しかし、そういった投稿のあるサイトを検索結果の2ページ目以降に押し下げる特殊逆SEO対策を用いることによって、無事に売上回復に成功したそうです。SEO対策のノウハウは十分にあるA社ですが、特殊逆SEO対策は未知のものであり弊社にお問い合わせ・ご依頼を頂きました。

このように逆SEO対策を行えば、悪質な誹謗中傷から身を守ることが可能になります。

特殊逆SEO対策ならIMソリューションにお任せ下さい!

特殊逆SEO対策のプロ 無料相談
お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

よくあるご質問

逆SEO対策を行えば悪評サイトを確実に非表示化できるのでしょうか?

お悩みのサイト状況により難易度などは変動致します。必ずしも順位下降できるわけではございません。専門の相談員がお悩みのサイト状況を確認させていただき対策可否やお見積もり金額を出させていただきます。まずは一度お気軽に御相談くださいませ。

一般的なSEO対策とは違うのでしょうか?

IMソリューションの特殊逆SEO対策は従来の対策とは全く異なるものです。対象サイトのみを押し下げることができるのは国内で弊社だけの技術となります。
また費用に関しても従来の逆SEO対策よりも安価ですし、効果も高いものとなります。

どのくらいの期間と費用がかかるのでしょうか?

早いものでしたら対策開始から1週間で押し下げに成功した事例もございます。平均的な期間ですと3~6ヶ月程で順位を押し下げております。
費用はキーワードやサイト状況によって異なりますが1サイトにつき月額5万円~の費用になるかと思います。お見積もりは無料になりますので一度お問い合わせいただければ正確なお見積もり金額をご提案させていただきます。

まとめ

風評被害は一旦広まってしまえば、なかなか消すことができません。そのまま放置してしまうと、業績や雇用に対して悪影響を及ぼしてしまいます。たとえ信憑性のないうわさだとしても、ネットで表示され続ければ、たちまちネガティブな印象を世間に与えてしまうことになるのです。悪質なサイトがある場合は、逆SEO対策を行うことで被害を抑えることができます。

逆SEO対策は大きく、「悪質サイトの検索順位を下げる」ことと「自社サイトのアクセス数を伸ばす」ことのふたつの側面から成り立っています。このふたつはいわゆる車の両輪であり、どちらか一方が欠けても効果的な逆SEOにはなりません。

日頃から常時ウェブの検索動向をチェックし、悪質サイトによる風評被害が少しでも見られる場合には、ぜひ弊社にコンサルティングを依頼してみてください。マイナスの影響を早い段階で食いとめていきましょう。

関連記事

逆SEO対策で作る企業ブランディング

SEOといえば、インターネットで検索をしたときに上位に結果が表示されるように工夫する技術を指します。企業では必・・・