検索窓に気になるキーワードを入れると、自動的にキーワードと関連した言葉が出現することがあります。Yahoo!やGoogleではサジェスト機能と呼ばれるもので、ユーザーが合わせて入力する可能性の高い追加キーワードを先回りして提示してくれるシステムなのです。企業や商品のブランドイメージを保持するためには、できるだけポジティブなキーワードが出現するようにしておかなければいけません。ここでは、サジェスト対策について解説しましょう。

サジェストに表示される言葉はどう決まるか

サジェストは、沢山のユーザーに参照されているキーワードが自動的に出現するシステムです。検索ボリューム数が一定数あり、検索ユーザーが分散されていて、キーワードに対応するサイトが存在した時、サジェストワードとして上昇して来るのです。

例えば「ハンバーガー」で検索した時に「ハンバーガー ヘルシー」とサジェストに表示させるには、ヘルシーなハンバーガーについて書かれたサイトが数多く存在し、ユーザーがヘルシーなハンバーガーを調べている必要があります。Googleではデータを参照する期間を数ヶ月単位で設定しているため、1日だけ検索数が急上昇したとしてもサジェストに表示されません。従って、集中的に悪評を書き込まれたとしてもそれほど影響はないのです。しかし、長期間にわたってジワジワとネガティブな書き込みを積み重ねられた場合は、悪評として定着しやすいので注意しましょう。

サジェストには様々なアルゴリズムがある

Googleのサジェストに対応するものとして、Yahoo!の入力補助機能があります。こちらは、検索ボリュームが一定以上あることと、検索ユーザーが分散していることだけが重視されることが特徴です。テレビ、雑誌、SNSなどで話題になったキーワードが表示されやすいといえます。

トレンドがすぐに反映されるのは長所でもありますが、Yahoo!のGoogle以上に風評被害が起きやいです。たとえば、悪意のある一人が誹謗中傷を匿名掲示板に書き込んだとして、多くの人に注目されて検索されてしまうと、真実であろうとなかろうと即座に予測変換に表示されてしまいます。ネガティブな情報を流したいと考えている人にとって、予測変換をコントロールしやすい使い勝手の良い検索エンジンともいえるので気をつけましょう。

サジェスト対策の方法とは

サジェストワードとして悪評ばかりが上がってくるままだと、売上や採用活動にも悪影響を及ぼしかねません。売上や採用活動を安定させるため、一刻も早く何らかの手段を講じたいところです。例えば、新しいサジェストワードを表示させ、風評被害の原因となっているネガティブワードを追い出すのも一つの方法でしょう。

また、最近では検索エンジン自身もサジェスト対策をしています。機械的な検索を行うIPアドレスを検出して、意図的なサジェストを作ろうとしている業者を弾き出す仕組みなどを取り入れているのです。このシステムを利用して、例えば「企業名 詐欺」といったネガティブな組み合わせを敢えて検索し続けるという方法もあります。「企業名 詐欺」は悪質業者が意図的にサジェストワード入りさせようとしていると判断されて削除できるというわけです。しかし、この方法も一部の検索エンジンでは通用しなくなっている傾向もあり、サジェスト対策は常に最新知識を持って講じなければいけないのが難しいところといえるでしょう。

サジェスト対策でお悩みならば、ぜひ当社にお任せ下さい。検索エンジンのアルゴリズムに精通したスタッフが、常にトレンドに合った最新の方法で対応しています。「自社名 被害者」「自社名 悪徳」「自社名 ブラック」といったサジェストをそのままにしていては、風評被害は広まる一方です。たかがサジェストと馬鹿にすることなく、一刻も早く何らかの対応をすることをおすすめします。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909
メールでのお問い合わせはこちらから

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。