SEO対策とは、自社サイトや商品を検索結果上位に露出させるために行う対策のことです。「検索エンジン最適化」とも呼ばれています。これとは反対に、あえて下位に弾く手法を逆SEO対策といいますが、例えば誹謗中傷が上位にランクインしてしまうときなどに活用されているのです。その逆SEO対策の手法について詳しく解説しましょう。

逆SEO対策はなぜ登場したか

かつて、逆SEOに対策はSEOの知識がれば十分でした。SEO対策の逆を行えば良いわけですから、誰でも簡単に行うことができたのです。当時はライバル企業の検索順位を落とすなど、まだ牧歌的な使われ方をしていました。しかし、最近では2ちゃんねるなどの匿名掲示板対策として使われることも多くなっています。

2ちゃんねるなどの匿名掲示板は名誉毀損の巣窟になっています。2ちゃんねるのやっかいなところは検索エンジンに結構な割合でヒットしてしまう点です。例えばある企業や商品に関する誹謗中傷スレッドが盛り上がっていると、その企業名や商品名で検索した人がどんどん2ちゃんねるの悪評スレッドに誘導されてしまうというケースもあります。そこで、逆SEO対策を講じて企業や商品に関する悪い情報が、なるべく目に触れないようにするめに逆SEO対策が実施されるようになったのです。

逆SEO対策のいろいろ

逆SEO対策と一口にいっても様々な手法があります。例えば、特定キーワードで検索した時に上位に表示されるようなページを大量作成して、結果的にターゲットを下位に落とすという方法は有名です。コピーページなど検索エンジンから低い評価を受けがちなページを沢山作ってターゲットに貼り、検索結果の上位に上がらないようにするという方法もあります。ターゲットとなるページのコピーページを大量に作り、検索エンジンにスパムと認識させて順位を下落させる方法もあります。

逆SEO対策の注意点

以上のように逆SEO対策には色々なものがありますが、常に有効であり続けるとはいえない点には注意しなければいけません。例えば、かつては同一IPアドレスや同一ドメインからのリンク、関連性のないコンテンツからのリンクなどを低く評価してきたGoogleですが、最近ではそういったものは半ば当たり前のものと見なす方向にシフトしています。従って、これまで通りの逆SEO対策をしていても検索順位を下位に押し下げることはできなくなってきているのです。

逆SEO対策はプロにお任せ

ネットに関する知識がある程度ある人でも、最近の逆SEO対策はハードルが高いと言われています。当然、SEO対策初心者の人または会社からしたら、逆SEO対策どころではないかもしれません。企業の中で逆SEO専任者を置くのは余程の大企業でもない限り難しいでしょう。

十分な逆SEO対策を講じるには常に検索エンジン業界のトレンドに目を光らせ、最新の技術を使いこなす力が必要です。これまで数多くの逆SEO対策を実施してきたプロが懇切丁寧に対応しています。企業名や商品名で検索をした時にネガティブな情報ばかりが上位に上がってきたり、逮捕歴がいつまでもトップに出現したりすることにお困りの場合は、ぜひ当社にお任せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909
メールでのお問い合わせはこちらから

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。