ヤフーやグーグルで検索すると、検索結果の下のほうに「グーグル関連キーワード」や「ヤフー虫眼鏡(ヤフー関連検索ワード)」というのが表示されます。
これは検索時に入力された語句と組み合わせて検索されることの多い言葉や関連性の高いと判断される言葉を機械が自動的に表示する機能です。

とても便利な機能ではあるのですが、たとえば会社名で検索したときに「ブラック」「悪徳」「詐欺」といったネガティブな言葉が関連キーワードとして表示されてしまうことがあるのです。
これは、企業にとっては致命的なこと。その内容が本当でなくても、このようなワードが会社名とセットで表示されるのを目にした人には事実として頭にインプットされてしまうかもしれません。

また、心理的に人はネガティブなワードに反応しやすいので、思わずクリックしたくなるものです。すると、誹謗中傷が書かれたサイトでより詳細な情報を読んでしまう恐れもあります。

関連検索キーワードの特徴と対策

ヤフーはグーグルの検索エンジンを使っていますが、関連検索キーワードに関しては独自のプログラムを利用しているので両者で表示される内容は異なります。

ヤフーは検索窓の下にある虫眼鏡マークの横と検索結果の最下部の2か所に、グーグルにかんしては検索結果の一番下だけに表示されるようになっています。
どちらもよく検索される言葉を関連性が高いと判断しており、グーグルはさらにページのインデックスもチェックした結果を反映しています。

どのような仕組みであれ、関連検索キーワードとしてネガティブなワードがでるのは風評被害につながるので避けたいものです。
企業イメージが損なわれて経営に大きなダメージを受けるのは必至といえるでしょう。

ヤフーやグーグルに対して削除を申請することは可能です。ただし、申請をしたら必ず削除してくれるとは限りません。内容によっては法律に触れていないと判断されて対応してくれないでしょう。
そういった場合には、このようなケースを数多く取り扱ってきた当社へご相談ください。
早急に対策をとらないと、事実無根の情報だけが広まって被害が拡大してしまいます。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909 メールでのお問い合わせはこちらから
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。