ヤフーやグーグルで検索しようと文字を入力すると、関連するキーワードが自動的に表示されるのをご存知でしょうか。
これは「サジェスト」という機能です。

入力された語句と組み合わせて検索されることの多いワードや関連していると判断されるワードを検索結果に表示する機能が「関連検索ワード」で、入力していう文字から予測される関連性のあるワードを表示するのが「サジェスト」という機能となっています。
ヤフーとグーグルでは仕組みが少し異なるのですが、どちらも入力している語句に関連していると思われるワードを機械的に表示する機能があることを理解しておけばよいでしょう。

便利な機能で誹謗中傷が表示されてしまう

検索したいキーワードをすべて入力しなくても、検索エンジン側からより詳細に検索できるように提案してくれるので便利な機能です。
ところが、ここで選ばれるキーワードには誹謗中傷にあたるネガティブなものも関係なく表示されてしまうので風評被害につながるおそれがあるのです。

たとえば、会社名で検索したときに「ブラック」「詐欺」「悪徳」などといったキーワードが表示されてしまうとどうでしょうか。
それが真実でなくても、その会社に対するイメージは大きく変わってしまうでしょう。

どのような経緯でこのようなネガティブなワードが候補としてあげられるようになったのか、非常に気になるところではありますが、まずしなければならないのは表示されないように対策をすることです。

ヤフーやグーグルに連絡をとり、誹謗中傷にあたるワードを削除してもらうのもひとつの方法です。
しかし、検索されてきた情報から機械的に分析して表示しているため、簡単には削除に応じてもらえないでしょう。
検索エンジンとしては検索結果には公平でいたいと考えています。依頼があったところに関してのみ対応するのはできるだけ避けたいことなのです。
ですから、どう考えても法律に違反しているようなケースでなければ削除してもらえないと思われます。

だからといって何もせずにその状態を放置しておくと、検索されるたびに誹謗中傷ワードが表示されてしまいます。そして、悪い情報がどんどん拡散されていくでしょう。
会社だけではどうにも解決できそうにない場合には、このようなケースに関するノウハウのある当社へご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909 メールでのお問い合わせはこちらから
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。