企業にとって風評被害は致命的な問題です。
ところが、企業にかんする情報が書き込まれたSNSや掲示板、ブログなどによる風評被害は増加するいっぽうです。

インターネットが普及した現代では、消費者は商品の購入やサービスを利用する前に検索してクチコミなどによる評判を確かめるのが一般的になりつつあります。
そのようなときに、悪い評判を目にしたらどうするでしょうか?
よほどのことがない限り、あえてその企業のものを選択しようとは思わないかもしれません。

商品やサービスにかんする悪意のある書き込みにより、企業は多大なる被害をもたらされるというわけです。企業のイメージが低下し、売上の損失へとつながる誹謗中傷は早急に削除しなければなりません。

このような中傷行為をするのは、なにかしらの原因によって個人的にうらみをもった人だけでなく、ライバルにあたる同業他社の可能性もあります。
特定の企業の足をひっぱるために事実無根の情報をネット上に流すことは決してめずらしくないのです。

当の企業がきづかないうちに拡散されて話題になっていることもあります。ネットに一度書かれた風評はまたたく間に広がっていくのです。
このようなネット上の中傷を甘く考えていると、取り返しのつかない事態になるでしょう。

とはいえ、自社にかんする書き込みをチェックしていくのは大変な作業です。会社名や商品名などで検索をして探すことは可能ですが、日々の業務に支障がでては元も子もありません。
誹謗中傷が書かれたサイトを見つけ出すシステムやさまざまなサイトに対する削除実績のある当社に一度ご相談ください。
悪質なサイトが検索結果の上位に表示されないようにする逆SEO対策についてもノウハウをもっています。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909 メールでのお問い合わせはこちらから
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。