文章や写真、イラストなど、ある人が創作したものには自動的に著作権が発生します。このような著作物を本人の許可なしに無断で利用すると、著作権侵害となるのです。

しかし、残念ながらインターネット上には他人の著作物を勝手に使用して自分のサイトを制作している人たちが数多くいるのが現状です。
著作権侵害は立派な犯罪行為です。もし著作権を所有する人が告訴すれば、処罰することもできます。法人が著作権を侵害した場合にいたっては、3億円以下の罰金となるほどなのです。

著作権法では、私的に利用するために限っては複製を許されていることもあります。しかし、ブログやSNSで他人に見せるために使用すれば私的な利用とはみなされません。営利目的がなくても、著作権侵害となります。

ネット上には盗用サイトがあふれている

インターネットが普及して、一般的に使用されるようになるにつれ、コンテンツを制作する会社や個人が一気に増えました。
なかには、いかにコストと手間をかけずに利益を得ようかと考えて他人のサイトから記事をコピペするものも多くいます。

コピペとは、文章をコピーしてそのまま貼りつける行為のこと、これは、完全に複製です。語尾に変化をつけるなどして多少の手を加えたとしても、複製と判断されます。
特に文章には、執筆者の思いや個性が強く反映されるものですから、それが残っている限りは「翻案」という著作権侵害行為のひとつとなります。

著作権侵害をされた場合には

ネット上で他のサイトの記事から一部を引用する場合には、引用していることを明らかにしたうえでサイト名とURLを記載しなければなりません。
実は引用そのものは、条件さえきちんと満たしていれば引用元に無断で行っても問題ないのです。

ところが、あたかも自分の記事や画像のように掲載してしまうのが問題です。
もし自分の大切な著作物が使われているのを見つけたら、必ず証拠を残しておいてください。
そのページをキャプチャ保存するかプリントアウトしておきましょう。
法的手段にでる際にも、こうした証拠は有効となります。

コンテンツの盗用による影響

記事などを盗まれてしまうと、グーグルなどの検索結果の表示にも影響します。
検索エンジンの主流となっているグーグルでは、検索結果が表示される順位を決定するために法則(アルゴリズム)を定めています。これは、価値のあるコンテンツを優先的に提供するためのものです。

そのなかのひとつに、重複コンテンツや類似コンテンツにはペナルティを設けるような仕組みがあります。つまり、コピペしてつくられたであろうサイトは価値がないと考えているのです。
本来ならば、コピペしたほうのサイトの順位のみが下がるべきなのですが、被害を受けたもともとの記事も同様に検索順位が下がってしまうことがあります。

サイトを運営するうえで、多くの人の目にとまる検索結果の上位表示はとても重要なことです。財産である著作物を盗まれたうえに、検索結果にも悪影響を及ぼされる可能性があることも知っておきましょう。

自分の著作物が盗用されていないか調べる方法

このような被害を最小限に抑えるためには、自分の著作物を無断で使用しているサイトがないか積極的にチェックする必要があります。

たとえば、調べたい記事のタイトルや書きだしの数十文字を検索にかけてみましょう。そこから無断転載しているサイトを探し出すことができるはずです。
もしかしたら、同じような記事がずらりと表示されるかもしれません。

画像の場合には、ALTタグでつけているキーワードを使って画像検索してみましょう。
良質な画像を無料で手に入れるのは難しいため、意外と多く盗用されているものです。特に自分で撮りに行くことのできない旅行関係などの画像が狙われる傾向があります。
ALTタグを変えていると見つからないので、画像のイメージを表す単語を使って画像検索をしてみることもおすすめします。

著作権侵害をしているサイトには削除申請を

著作権を侵害されているのに、そのまま放置しておいてはいけません。
発見次第、そのサイトの運営者に削除を依頼しましょう。

ところが、サイトの制作者や運営者は、そう簡単には削除に応じてくれないケースがほとんどです。
かれらの制作しているコンテンツの大多数が盗用したもので成り立っているでしょうから、いちいち削除していたのではキリがないのも理由のひとつと考えられます。
また、そのサイトから利益を得ている場合には、コンテンツを削除することで大切な収益を失ってしまいます。
特に、個人でサイトを運営している場合には匿名もしくは名乗らずにやっているので、削除依頼を受けたとしてもなんの対応もしないはずです。

だからといって、そのまま放っておくわけにはいきません。
サイトの運営者が不明な場合にも、個人を特定できる方法はあるので決してあきらめないでください。
自分が苦労して作り上げた大切な著作物が無断で使われている場合には、個人で行動を起こすよりも、このようなケースを専門に扱っている当社にご相談したほうが早めに解決できるでしょう。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909 メールでのお問い合わせはこちらから
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。