削除依頼に対する適切な対応について

「Yahoo!知恵袋」や「教えてgoo」などのQ&Aサービスで質問し、回答の中に特定の人物やお店、企業の関する悪評・誹謗中傷が書き込まれた場合はどのように対処しますか? さらにその対象者から削除依頼が来た場合、どういった対応をするべきかご存知ですか? もし削除依頼を無視していると対象者から訴えられてしまうケースに発展することはあり得るのでしょうか。今回はYahoo!知恵袋などのQ&Aサービスの投稿に削除要請が来た際の対処法についてご説明します。

そもそもQ&Aサービスとはどういったサービスなのか?

まずはQ&Aサービスについてくわしくご説明します。Q&Aサービスとは、ユーザーが知りたい情報を文章にして投稿し、それを閲覧した人が回答するという”人力検索サービス”です。「Yahoo!知恵袋」の他にも「教えてgoo」「OKWAVE」「人力検索はてな」などがあり、誰もが一度はいずれかのサイトを目にしたことがあるでしょう。

検索エンジンの欠点として、知りたい情報に関するキーワードが出てこない場合は検索できない点が挙げられます。たとえば「10年前ぐらいに見たヨーロッパの風景をバックにした化粧品のCMに出ていた女優さんの名前」が知りたいと思っても、これをそのまま検索枠に入力したところで、知りたい情報を得ることは難しいと言えるでしょう。しかしQ&Aサービスであれば、知っている限りの情報を文章で入力して投稿することで、投稿に反応した方から回答を得られる可能性があります。

このように漠然として曖昧な情報を知るのにQ&Aサービスは非常に便利ですが問題もあります。それは質問も回答もすべて人力で行われるため、特定の人物やお店、企業に対して悪意のある質問をする、もしくは回答をされてしまうことがある点です。さらにQ&Aサービスは検索に強く、人物、お店、企業名で検索した際に頻繁に上位に出てきてしまいます。これは悪評を投稿された対象者、企業にとって大きな問題となっています。

質問者は回答欄に書かれた内容の責任を負うべきか

たとえば「〇〇というお店の料理は非常に不味いのですが、なぜだと思いますか?」「〇〇という会社は残業ばかりさせるくせに残業代を一切払わないという話は本当ですか?」など自分が質問者として悪意のある質問をした場合、その対象となる店舗、企業から削除要請に応じなければ名誉毀損や業務妨害で訴えられてしまう可能性があります。

しかし、「〇〇駅周辺で中華の美味しい店はありますか?」といった一般的な質問をした際に「△△というお店はゴキブリがよく出るので行かない方がいいです」といった回答があり、そのお店から質問自体の削除要請があった場合、それに応じなかったからといって質問者が訴えられてしまうといったことはありません。つまり、あくまで悪意のある質問、回答をしたものが訴えられる対象になるということであり、質問をしただけのユーザーがその対象になることはありません。

つまり、Q&Aサービスにおいて悪とみなされるのは、質問の主題を悪意のある方向性に持ち込もうとするユーザーなのです。自分の投稿がきっかけに、Q&Aサービス内が荒れたとしても、責任を負う必要はありません。ただ、収拾がつかなくなる事態は想定できるので、その場合は自ら危険な投稿に関しては通報するようにしましょう。

削除依頼に応じる場合の削除方法

Yahoo!知恵袋の場合、質問の回答を受付中の時には、質問者の判断によってその質問自体を削除することができます。もしこの状態の時に削除要請があり、削除をすることが妥当だと思えば、削除理由を記載したうえで、自分で質問を消せるのです。

しかし、解決済みとなってしまった質問に関しては、質問者がYahoo!のプレミアム会員でない限り自分で削除することはできません(プレミアム会員は月に1回だけ削除が可能)。この場合の削除要請は質問者ではなくYahoo!に直接要請する形になります。

Q&Aサービスでの悪評や誹謗中傷は、質問をしただけで自分が書き込んだのではない限り、責任を追及されることはありません。ただし自分はそのつもりがなく書き込んだ質問が特定の誰かの名誉を毀損してしまっているということもありますので、質問をする際には十分に注意するようにしてください。そして、インターネット上から情報を収集するだけに、他のユーザーに配慮した質問をすべきだということが大前提になるのです。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909 メールでのお問い合わせはこちらから
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。