SNSの投稿に潜む炎上の危険性

TwitterやFacebook、InstagramをはじめとするSNSの登場で、多くの人が気軽に自分の意見を表明したり、撮影した画像や動画を公開したりできるようになりました。そうした投稿がよい意味で拡散し、話題を呼ぶこともありますが、一方で「炎上」を引き起こし、投稿者が非難や中傷の的になることも少なくありません。また、ただ非難されるだけならまだしも、個人名やアカウント情報を晒されるなど実害を被るケースも。こうした事態に至らないために、私たちは日頃どのようなことに気をつけるべきでしょうか。

楽しいはずのSNSに端を発する悲劇

近年、爆発的な人気を誇り、若者を中心に必須のコミュニケーションツールとなりつつあるSNS (social networking service/ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。これまでは直接的なコミュニケーションでしか実現できなかった社会的な交流をWeb上のネットワークによって形成できる点がSNSの強みです。誰でも簡単にアカウントが持て、自由に利用できるため、多くのユーザーが愛用しています。

しかし、そのお手軽感からつい気が緩んでしまうと、配慮のない書き込みや画像投稿をしてしまいがち――その結果、「炎上」という厄介な事態に陥りがちです。自分ではよかれと思って発言したつもりでも、その投稿を見て不快感や嫌悪感を抱く人が出てくると、コメント欄などに非難や中傷を書き込まれるようになります。それが一人や二人ではなく、無数の書き手によって繰り返し行われるようになるとついに炎上状態になります。

さらにそのSNS上だけでなく、他のSNS、掲示板で発言者のコメントが引用されるようになると、手に負えない事態に。被害は拡大の一途を辿ります。自身のSNS上で事の発端となった発言を削除することはもちろん可能ですが、他のSNSや掲示板まで飛び火している自分で削除することはできません。しかも、炎上の渦中で投稿を削除すると、それがもとで文字通り火に油を注ぐような状況に追い込まれてしまうこともあるのです。

文字のコミュニケーションが生む冷たい対応

炎上が起こると、それまで楽しんで利用していたSNSが一転して“悪魔のツール”と化します。ネットを見ること自体が地獄のように感じるようになり、精神的にも追い込まれていきます。さらに、非難や中傷を書き込む発言者への反論や弁明を考えたり、書き込んだりするために1日の多くの時間を費やしてしまうと仕事や生活にも大きな支障が生じます。デジタルタトゥーの恐怖で紹介したように、人生に大きな影を落とすことにもつながりかねません。

ただ、SNSでの投稿がなぜこのような大きなトラブルを招いてしまうのでしょうか? その要因の一つとして考えられるのが、SNSが“文字によるコミュニケーション”を主体にしている点です。たとえばメールやメッセンジャーアプリでのやり取りを思い起こしてください。仕事でもプライベートでも、要件だけの手短な文面が届いたとしたら、それを読んでどのように感じるでしょうか? どこか“冷たい”印象を抱くことにつながりやすく、「何か気に障ることでもしたのだろうか」とつい勘ぐりたくなるかもしれません。

もちろん送り手にそんな意図があるケースの方がまれだと言えます。ただ要件だけを伝えたいだけで送ったつもりが、相手に違った印象を与えるケースは日常生活の中でもなんら珍しいことではありません。お互いを見知った仲でもそのような事態が起こりうるのに、顔も名前も性格も知らないような赤の他人に対してならなおさらです。2ちゃんねるなどの掲示板では、よくお互いを罵り合う場面が見受けられますが、相手の人柄を知らないだけに批判や指摘が厳しく、配慮を欠いたものになりがちになります。

ちょっとした注意が炎上の可能性を低くする

上述したように互いに見知った仲でも、文字だけに頼ったコミュニケーションでは誤解を生むこともあります。そういった意味では、古来の日本人は手紙に時候の挨拶や近況を知らせる一文などを加えて、できるだけ相手に配慮しようという意思を示すことを心がけていました。“昔の人の知恵”ではありませんが、メールやメッセージアプリでの連絡、SNSの投稿でもこうした気働きが利くかどうかで読み手の印象は大きく変わるはずです。

そして、何より大事なのは自らの発言に節度を持つこと。多くの読み手がディスプレイの向こう側にいるということを念頭に置いて、自分勝手な発言、過激な発言はなるべく慎むようにしましょう。そうすることで炎上という最悪の事態は回避できる可能性が上がります。まずはSNSの特性を把握したうえで、自身の振る舞いにも気を配ることが何より大切です。

ネット上での炎上には、必ずその原因となる火種があります。もしかしたら、その火種を作っているのは発言者である自分自身かもしれないということを心に留めおいてください。インターネットが爆発的に普及し、多くの情報が氾濫している現実社会における“処世術”としてはごく当たり前のことかもしれません。ただ、そうした基本を疎かにすることなく、どんな相手でもリスペクトを忘れない姿勢を持ってSNSでの投稿を楽しむようにしましょう。

お電話でのお問い合わせはこちらから 0120-919-909 メールでのお問い合わせはこちらから
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。
ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。